花笠人形印

ヤマコン通信 令和3年2月号

 山形では、雪国らしい冬景色になっています。

 山形では、年末年始に真冬日となりました。今冬はすでに9日の真冬日を記録していて、近年にない寒い冬となっています。特に、最低気温が平年より低い日が多くなっています。ただ、1月中はまとまった雪はあまり降らず、12月に一時50cmになった積雪は30cm程になりました。

 昨年、東京の太田市場で500gで80万円の価格がついた超促成栽培のさくらんぼが、今年は100万円で競り落とされました。ご祝儀相場もあるとは思いますが、明るいニュースとなりました。
 昨年は新型コロナウィルス感染防止のために観光果樹園が軒並み休園となってしまいました。今年は、しっかりした感染対策がされて開園されると思います。その時は、ぜひ、山形を訪れていただきたいと思います。

 昨年は例年の倍ほど熊が目撃され人身事故も発生しましたし、豚熱に感染した野生のイノシシも見つかって、野生動物の問題が多数発生した年でもありました。
 それに加えて、アライグマも危険です。農作物の食害もそうですが、ダニや狂犬病ウイルス(狂犬病は発症すると致死率はほぼ100%です。)を持っているので注意が必要のようです。アライグマは外来生物で飼われていた個体が逃げ出し野生化して、現在はほぼ全国に住み着いています。もし、見かけても絶対に近寄らないで、自治体に連絡して対応してもらいましょう。

山・大岡山ある記
 令和3年は例年と雰囲気の違う正月になりました。「山形県もコロナ感染者数が少しずつ増えだし、「山形県の現在のレベル12月11日~レベル4【特別警戒】感染が拡大傾向にある状態」となっています。特別警戒等々が早く解除となる時が来ることを願っています。
 元日、2日と静かに自宅(酒飲み)で過ごし、年始は大岡山(401m)の風間不動尊、姥神、三吉大明神に挨拶して山頂から“健康で山登り”ができますようにと初詣です。山寺街道を楯山駅方向に進み花岡・風間地区境を右折して山際の車道脇の駐車場所(準備)、農道(参道)を歩き大岡山・南登山コースを登ると風間不動尊(俱梨伽羅不動明王)が祀られている、参拝、しばらく登り、尾根分岐(休憩)・←大岡山山頂↓風間不動尊→青野の案内あり。急登を登ると“姥神”が鎮座、参拝、もうすぐ着く坂(無言坂)を登り金毘羅大権現・三吉大明神・秋葉大権現に参拝して山頂から大朝日連峰、月山方面に“本年も宜しくお願いいたします”と挨拶です。北登山口(七曲りコース)でのんびりと下山する。
 登山道に“あらら”と思う名言、迷言、珍言と思える案内板が数ヶ所にあり何とも微笑ましいものです。大岡山(401m)やまがた百名山
文 令和3年1月下旬 よしはる

 今月は山形県の山に、「大岡山」を追加いたしました。

 高速道路で自動車の立往生が発生するほどの今冬の異常とも言える大雪の原因は、偏西風の蛇行によって強い寒気が日本付近に流れ込んできたこと、そして、日本海の海水温が高くて空気中の水蒸気の量が多かった事が原因のようです。
 東北地方の今後の1か月予報によると、気温は平年並または高い確率ともに40%です。また、これまでの寒気で日本海の海水温もだいぶ下がってきています。いつもの冬でも2月いっぱいは大雪に見舞われることがあるので安心はできませんが、これまでのような異常な大雪はないかも知れません。


 ヤマコン通信は、山形の情報やヤマコン食品のホームページの更新などを、月1回配信しているメールマガジンです。

ご意見・ご要望

があれば、ご連絡ください。

購読をご希望の場合は、

ヤマコン通信購読の申込み

にてお申込みください。

お知らせ頂いたメールアドレスは、ヤマコン通信の配信以外には使用いたしません。
過去の通信へ移動します。