花笠人形印

ヤマコン通信 平成29年3月号

 山形では、やっと梅の花が咲き始めました。昨年よりも大分遅いですが、平年並みの春の訪れです。

 桜の季節がやってきました。山形の桜は少しつぼみが膨らんできていて、ほぼ平年並みの開花が予想されています。恒例の霞城観桜会は、4月15日(土)と16日(日)にイベントが予定されています。また、桜の咲き始めからライトアップもされます。もちろん、売店では玉こんにゃくが販売されます。
 桜の開花の時期に合わせて、ヤマコン食品では玉こんにゃく10%引きの春の行楽フェアを開催中です。ぜひ、ご来店ください。

 まだ外での農作業は本格的には始まってはいませんが、稲の種籾の消毒などの作業は始まっています。日本穀物検定協会の食味ランキングで22年連続で特Aを獲得していた「はえぬき」が残念ながら、27年度産ではAとなってしまいました。今年は、ぜひ特Aに返り咲いてもらいたいと思います。

山・五郎岳(蔵王)ある記
 蔵王中央高原散策路の案内図に五郎岳(1413m)と三郎岳(1412m)が載っている。
 中央高ロープウエイ温泉駅~鳥兜山頂駅で準備を整えカンジキを履き鳥兜山(1387m)に登り周辺風景を楽しむ。ここから紅葉峠に行く途中で兎の足跡と小枝に残る食痕を見つけて喜ぶ。蔵王中央高原散策路の案内板を確認してブナ林を歩き片貝リフト乗り場の前を通りトニーザイラ顕彰碑に行く。片貝沼を左に見ながらブナ大木とダケカンバの斜面を歩き、目印のアオモリトドマツ大木から目玉沼に行き一休み。うつぼ沼に歩き五郎岳への尾根を登り中腹から左方向に迂回しながら五郎岳山頂に着く。山頂付近東側の雪庇に注意しながらの記念撮影です。寒さも気にしない彼女達(2人)の自撮りに夢中な姿と周辺の霧氷が良いね。時々陽が差す曇空模様、山頂から林の中をソクソクと下りドッコ沼に歩き中央高原駅の休憩場所で昼食を済ます。ドッコ沼に戻り写真を撮り、中央第1リフトに乗り鳥兜山頂駅に行く。(初のカンジキ歩きはどんな感じきだったかなかな!)お疲れ様。
温泉駅9:00~鳥兜山頂駅14:30 平成29年3月17日(金)曇時々晴れ よしはる

 今月は山形県の山に、「五郎岳」を追加いたしました。

 こんにゃくは肉を硬くしません。
 こんにゃくはこんにゃく芋に含まれるコンニャクマンナンがアルカリ性になるとゲル化することを利用して作られています。アルカリ性にするために水酸化カルシウムを使うのですが、そのカルシウムが調理の時にこんにゃくから浸み出し肉を硬くすると言われてきました。
 しかし、肉が硬くなるのは加熱時間が長いためでこんにゃくが原因ではないということがわかりました。
 すき焼きのタレが染み込んだこんにゃくは、とっても美味しいです。ぜひ、すき焼きにも牛丼にもこんにゃくをお使いください。

過去の通信に戻る