花笠人形印

ヤマコン通信 平成29年1月号

 山形では、昨年に引き続き雪の無いお正月でしたが、11日からの寒気の襲来で冬景色になりました。

 あけましておめでとうございます。本年も、ヤマコン食品の玉こんにゃくをご愛顧頂けますようよろしくお願いいたします。

 各地に大雪を降らせた数年に一度の寒気で、山形では5日連続の真冬日となり、一気に50cmほどの積雪となりました。山形では50cmでしたが、地域によっては200cmほど増えたところもあり、除雪中の事故なども発生してしまいました。
 いきなりの積雪は、生活のうえではとても迷惑ですが、雪が少なかったために心配されていた雪祭りなどのイベントの関係者の方は、ホッと胸を撫で下ろしている事と思います。また、蔵王スキー場も全山滑走可能になりました。ただ、樹氷の成長は平年よりは悪いようです。

 平成30年秋デビュー予定の山形県の米の新品種「山形112号」の名称県民投票が22日で締め切られ、約15000の投票がありました。その投票結果をもとに、本部会議で2月16日に決まります。
 どんな名前になっても新品種の美味しさは変わりません。楽しみです。

山・笹谷峠ある記
 今年(平成29年)積雪の無い正月を迎え元旦詣の雰囲気が多少暗く感じたのでした。そうこうしていると1月11日(水)~16日(月)に大雪となり歩道、車道の通行に支障をきたしました。
 下旬には降雪が落ち着き、笹谷峠にと思い、山スキーと登山用具を車に積み家を出る。峠の駐車場所(冬期間通行止)でスキーを履き30分位歩くと、笹谷峠(旧道)入り口・峠の頂上(標高906m)まで2km徒歩で60分、昔山形と宮城の最短通路。旧街道添いには遭難者などの供養の為に建てられた、六地蔵・二百万遍供養碑・三界万霊塔など、多くの石造物を見ることができる。東沢地区振興会・東沢郷士研究会・東沢観光協会の案内あり。旧街道を登り詰めると峠の斎藤茂吉歌碑から南に行き山工高笹谷小屋で休憩して、八丁平の六地蔵巡りです。鶏亀地蔵、法性地蔵、宝性地蔵、地持地蔵、法院地蔵、陀羅尼地蔵あるのですが雪の為一体見つけられず。宮城側の鶏亀地蔵があり。近くに有耶無耶の関跡があり。周辺に雪に覆われて南無阿弥、仙人大、馬頭観と読める石造物を見る。笹谷小屋に入り早目の昼食時に千歳山でお会いする3人さんと1人で散策という方と出会う。お先に失礼をして車道をゆっくりと滑走しての下山でした。
駐車場所8:30分~下山12時45分
平成29年1月28日(土)峠頂上付近強風 よしはる

 灯油を使い始める時期の前に、山形市消費者連合会と小売業者の間で共同購入価格が交渉されます。10月の時点では1L 60円くらいの価格でしたが、現在は1L 80円を超えています。寒気の襲来前は、気温が高めの日が多く灯油の消費量も少なくて済んでいましたが、襲来後は寒い日が多く、灯油の値上がりはとても困ります。

過去の通信に戻る