花笠人形印

ヤマコン通信 平成28年5月号

 山形では、さくらんぼが色付き始めました。

 今年のさくらんぼの収量は平年よりやや多いとの予測が発表されました。場所によっては霜による被害もあったようですが、開花期は概ね良好な天候に恵まれたようです。
 開花後も晴れて気温が高い日が多く、さくらんぼがすでに色付き始めた園地も見受けられます。今年の収穫の最盛期は例年より少し早く、佐藤錦は6月18~22日ごろ、紅秀峰は26~30日と予測されています。
 山形市では6月18日と19日にさくらんぼ祭りが開催されます。ぜひ、山形の美味しいさくらんぼを食べにきてください。ヤマコン食品では、さくらんぼ祭りで山形の新名物になりつつある「冷ったい玉こんにゃく」を販売します。こちらも、ぜひ食べに来ていただけますようお願いいたします。

 18年の販売開始を目指して山形県の米の新品種「山形112号」が準備されています。
 山形県の主力品種「はえぬき」は、日本穀物検定協会の米の食味ランキングにおいて22年連続で特A受賞するほどの美味しい米です。しかし、とても残念なことですが、販売店にはあまり並ばず業務用として安い価格で流通しているのが現状のようです。
 また、私たち山形県人は「山形の米はおいしい」と思っていますが、米の産地としての認知度は全国で4位と決して良いものではありません。 新品種「山形112号」は、家庭向けや高級業務用向けとしての中間価格帯の品種ということで、「つや姫」「山形112号」「はえぬき」で、美味しい米どころ山形が定着していくことを願います。

山・豪士山ある記
 豪士山は山形県と福島県境にある山です。高畠町上和田と福島市茂庭を結ぶ峠として豪士峠があり、現在は峠として行き来はありません。上和田地区から元宮キャンプ場を通り往くと豪士山登山口駐車場所に着きます。
 準備を整え本沢・西信濃沢方面に歩くと豪士山・駒ケ岳周辺案内があり。ひかば越えコースの本沢沿いに新緑と小滝を眺めながら登る。ひかば越え標柱を目印に狭い登山道なので足元に注意しながら登ると尾根に着く、ひかば越え標柱があり広場になっている。少し休憩をとり、豪士山方面に登りながら高畠町最高地点(1075m)と駒ケ岳(1067m)が展望できる。しばらく歩くと豪士山(1022m)山頂です。置賜盆地・吾妻連峰・飯豊連峰・朝日連峰・月山・蔵王連峰の展望を楽しむ事が出来た。心地良く昼食を済ませ下山です。登山道を下りしばらく歩くと豪士峠標柱あり。ここから峠道の雰囲気を楽しみながら歩く、豪士水止め(水場)周辺の山毛欅大木や新緑の峠を下る、展望の良い露岩地周辺はヤマツツジやレンゲツツジが咲き誇っていた。そして登山道駐車場所に着く。
平成28年5月13日(金)晴 よしはる

 山形県の山に、「豪士山」を追加いたしました。

 モンテディオが好調です。第7節まで2分5敗で最下位と低迷していましたが、第8節からは7試合負け無しの4勝3分で14位まで順位を上げてきました。 ただ、成績が下位のチームと引き分けになったりして絶好調とまでは行かないようですが、これからが楽しみです。頑張れ!モンテディオ

過去の通信に戻る