花笠人形印

ヤマコン通信 平成28年3月号

 山形では、日当たりの良いところでは水仙が満開になっています。

 今季、山形市では最高気温が氷点下となる真冬日が一日もありませんでした。3月の気温も平年より高めで、春の訪れもかなり早く山形地方気象台における生物季節観測も、平年よりかなり早くなっています。桜の開花予想も平年よりも一週間早い4月8日となっていて、桜のつぼみも丸く膨らんできました。恒例の霞城観桜会は、今年は4月16日と17日にイベントが予定されています。
 桜の開花の時期に合わせて、ヤマコン食品では玉こんにゃく10%引きの春の行楽フェアを開催中です。ぜひ、ご来店ください。

 山形ではインフルエンザがまだ猛威を振るっています。暖冬で気温や湿度が高かったために流行する時期が1ヶ月程遅れたのが原因のようです。
 杉花粉の飛散時期もピークとなっていますので、マスクを着用しての予防が大切なようです。

山・カケスガ峯ある記
 3月になると雪が解け山形市街に雪がありません。広い駐車場の片隅に重機で掃き集められた少し汚れた雪山が見えます。今年は例年になく雪の降り方が静かでした。
 笹谷峠冬期間車道閉鎖車止め前の駐車場所から笹谷峠旧街道を歩く。山地は積雪が有り山遊びを楽しむに程良いと思われました。笹谷峠八丁平から見えるカケスガ峯(1340m)に向かって歩く。雪が絞まった状態で歩着やすいのですがアイゼンを履き、カンジキはザックに括り付けブナ林を登る。山頂付近は雑木や笹藪があり雪が少ないのが解る。山頂から笹谷峠・山形神室・神室岳・大東岳・葉山・月山・朝日連峰など展望できる。前山に登り蔵王山(熊野岳)・雁戸山(1340m)を見渡しながらコーヒーを飲みながら休憩です。がんどう鋸を思わせるところから雁戸山(ガンド山)との由来があると人伝てに聞いていますが本当の事はわかりません。笹谷峠からは仲間内で呼ぶルート1で下山でした。山形市街から見る雁戸山の姿は頼もしいと思う時があるのです。
 カケスガ峯に東北電力マイクロ波無線反射板碑と管理小屋(廃墟)があります。
平成28年3月16日(水)晴 よしはる

 山形県の山に、「カケスガ峯」を追加いたしました。

 バスケットボールのリーグNBDLの所属しているワイヴァンズは、参加2年目にして優勝決定プレーオフに出場して、4位という好成績を収めました。選手の怪我などがあって、万全ではない中での活躍となりました。
 次のシーズンはNBLとTKbjリーグが統合されたBリーグの2部に参加します。1部昇格を目指して、頑張れワイヴァンズ!

過去の通信に戻る