花笠人形印

ヤマコン通信 平成27年11月号

 山形では、平年より暖かい日が続いていましたが、ようやく平年並みの寒さになりました。しかし、積雪はなく初冬というよりは晩秋の景色となっています。

 山形では25日に、平年より7日遅く、昨年より1日早く初雪が観測されました。しかし、夜に雨に混じって降ったようで雪景色はまだありません。
 今年の初霜、初氷や初雪、また各山の初冠雪は、全部平年より遅い観測となりました。今年の冬はエルニーニョの影響で、東日本は暖冬、北日本は平年並み寒さと予想されています。山形県は、北日本と東日本の境目で、今のところは、暖冬気味のような天候になっていますが、はたしてどんな冬になるのでしょうか。暖冬といっても、降雪が少ないということではないので気を抜くわけには行きませんが…。

 蔵王スキー場のスキー場開きは12月5日(土)です。現在は、少し雪が積もっていますが、残念ながらまだスキーが出来るほどの積雪はありません。 http://www.zao-ski.or.jp/
 蔵王ジャンプ台での女子スキージャンプワールドカップの競技は、今シーズンは年明けの1月22日と23日に行われます。蔵王山では6月16日に火口周辺警報(火口周辺危険)が解除になってからは、火山活動は静かになっています。今年は安心して蔵王を訪れていただけますので、ぜひ蔵王に遊びに来てください。

山・蔵王山ある記
 蔵王は深田久弥「日本百名山」の中で蔵王山(1841m)と紹介されています。蔵王は北蔵王、中央蔵王、南蔵王があり、中央蔵王が蔵王と呼ばれています。
 中央蔵王は最高峰の熊野岳(1841m)、刈田岳(1758m)、地蔵山(1736m)があり中心的な存在として御釜のエメナルドグリーンが多くの観光者を楽しませています。北蔵王は雁戸山(1485m)、笹谷峠(906m)、山形神室(1344m)、仙台神室(1356m)があり、南蔵王は芝草平(1652m)、屏風岳(1825m)、不忘山(1705m)が連なり蔵王連峰となっている。北蔵王の楽しみ方として笹谷峠から六地蔵や有耶無耶関跡などの散策や登山ができ、南蔵王は芝草平の湿原植物を不忘山は高山植物を楽しむ登山ができる。蔵王の樹氷は多くの人々に知られておりそれぞれ蔵王を楽しむ事が出来ます。
 蔵王仲間の自然公園管理者と山麓駅~地蔵尊~地蔵山~ワサ小屋跡~直登コースで熊野岳~御釜~熊野岳避難小屋~ワサ小屋跡~地蔵尊~ロープウェイ山麓駅下山(登山道の確認も含めのんびりと登る)
 天気が良く寒い日でしたが植物や岩に付いた霧氷がとても美しく見えた。
平成27年11月13日(金) よしはる

 今月は山形県の山に、「蔵王」を追加いたしました。

 モンテディオがJ1陥落となってしまいました。ぜひ、1年での返り咲きを願っています。
 一方、昨年からNBDLに参加しているワイヴァンズは、10勝2敗で2位と好調です。今年からは、酒田市に本拠を置くプレステージ・インターナショナルアランマーレがV・チャレンジリーグⅡに参入しました。
 モンテディオは残念でしたが、楽しみが増えました。

過去の通信に戻る