花笠人形印

ヤマコン通信 平成27年10月号

 山形では、セイタカアワダチソウの黄色がくすみ始め、代りにイチョウの黄色が鮮やかになって来ました。(セイタカアワダチソウに代ってススキの群落も多くなって来ました。)

 今年はとても強い台風が日本を襲いました。果物や米の収穫を前にとても心配でしたが、山形では幸いなことに被害がありませんでした。
 台風が強く成長するのは記録的な規模のエルニーニョ現象が原因のようですが、エルニーニョ現象は来年の春まで続くと予想されていて、東日本と西日本は暖冬の可能性が高いと予想されています。
 山形では、16日に月山(平年より2日早く昨年より13日早い)、22日に大朝日岳(平年より4日遅く昨年より3日早い)、31日に雁戸山(平年より2日遅く昨年より2日遅い)と瀧山(平年より1日遅く昨年より2日遅い)で初冠雪が観測されました。暖冬の予想ですが、初冠雪はほぼ平年並みでした。気温や積雪も平年並みとなればよいのですが…。

 山形の特産品であるラ・フランスの出荷が10月22日から始まりました。今年のラ・フランスは日照時間が多かったため大きい実になっているようで、豊作ということのようです。昨年は、雹による被害を受けた地域もあったので農家の方は、ホッと一息でしょうか。 りんごの収穫も本格的になってきました。果物王国山形の果物をいっぱいお召し上がりください。

 ただ今、「秋の行楽セール」開催中で、玉こんにゃく全品10%引きです。11月15日までですので、ご来店いただけますようお願いいたします。

山・地蔵岳ある記
 山形県源流の森センターは飯豊町大字須郷にあり、21世紀の森林理想郷・森林の中で想い・学び・鍛えることのできる・とあり。歩山クラブは地域との関わりなどを学びながら山を歩こう、そして楽しむことにあります。
 地蔵岳(1539m)は飯豊山(2105m)登山のときに大日杉小屋からの登山道にあり、飯豊連峰を展望する山として知られています。紅葉を眺めながら登ろうと大日杉小屋からザンゲ坂の鎖場を慎重に登り、長之助清水で休憩・御田の杉大木に感心し尾根伝いの紅葉の綺麗さに喜びながらだまし地蔵に着くと霧で飯豊山が見えず。地蔵岳山頂に登るとと休憩の方々が「残念1時間前まで飯豊山が見えてたよ」と言いながら下山です。がっかりしながら昼食していると霧が晴れ飯豊山が姿を現したので慌てて記念撮影です。良かった良かったと喜んでいると霧で飯豊山が見えなくなる。昼食を済ませ準備を整え、ブナ・ダケカンバ・モミジ・ウルシなど紅葉と黄葉に光が差し込む風景を楽しみながら下山でした。
 天気晴れ・今日一日楽しむ事ができて良かったね。
源流の森センター7:30~大日杉小屋8:15~長之助清水9:18~地蔵岳11:25(昼食)地蔵岳12:30~長之助清水14:10~ザンゲ坂~14:50~大日杉小屋15:25~五段山コース吊り橋14:43~源流の森センター16:15 参加者 源流の森センター歩山クラブ員5名 スタッフ3名 計8名
平成27年10月18日(日) よしはる

山形県の山に、「地蔵岳」を追加しました。

 残念ながらモンテディオ山形が一年でJ1を陥落することになってしまいました。昨年、J2の6位から、奇跡のJ1復帰を成し遂げましたがJ1の壁はやはり厚く1年での陥落となってしまいました。
 すぐにJ1に戻れるように、頑張れ!モンテディオ

過去の通信に戻る