花笠人形印

ヤマコン通信 平成27年5月号

 山形では田植えが終わりました。

 5月は気温の高い日が多くて苗の生育が良く、今年の田植えは例年より10日ほど早く終わりました。ただ、種蒔の時期に気温が高すぎて芽が出ず、もう一度種蒔をしなければならなっかった農家の方もいたようでした。
 さくらんぼは、27日に今年の収量は「平年並み」と発表されました。
 しかし、4月の始めの低温の被害で、素人の私が見ても明らかに実の数が少ない木も見受けられます。ほとんど実をつけていない木もあるそうで、さくらんぼの実割れを防ぐための雨除けテントを張らない園地もあるということでした。園地による出来の差が大きいようです。
 さらに、最近の雨不足で園地に水を撒く必要があるのですが、実が少ない木に水を撒きすぎると実割れを起こす可能性もあるらしく、これからも気を抜けない状態のようです。

 今年のゴールデンウィークは休みの並びが良かったこと、ガソリンの価格が安かったこと、天気が良かったことなど、良い条件が重なったため、山形の観光地への人出が昨年より増えたという発表がありました。山寺もとても賑わっていて、多くの方に山寺名物力こんにゃく(玉こんにゃく)を召し上がっていただきました。
 でも、蔵王山に噴火警報(火口周辺危険)が出てしまったために、危険地域から離れているにもかかわらず蔵王温泉は1.7%減になってしまいました。
 蔵王の風評被害も関係していると思いますが、山形県では、国の「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金」を活用した「「山形日和。」旅行券」が発売されます。「10000円の宿泊券に500円の観光券(お土産屋さんでも使えます。)が付いて5000円」と、とてもお得です。
 ぜひ、山形に、そして蔵王に観光に訪れていただけますようお願いいたします。

山・水晶山ある記
 天童市と東根市の境にある水晶山(667.9m)は個性的な山容で知られています。
 天童市川原子から天童カントリークラブの分岐に石鳥居や案内板がありしばらく行くと駐車場所がある。車道は続くがここで準備をして参道を歩く。東の堂跡・道しるべの碑・山姥・山の神・禊の井戸があり、途中の水晶山六角堂で休憩です。六角堂前に駐車場所があるが参道を歩いて来ると歴史を感じる事が出来ます。嗽清水(うがいすず)・七曲り・山頂まで880m・見晴らしまで550mと標柱を見ながら登ると七曲り777mと粋な数字が書いてある。見晴らし台で休憩・少し急な登りをゆっくり歩き、滑石とある場所を過ぎると後100mの案内・水晶山神社に参拝して左方向に歩き御室と呼ばれる霊窟を通り山頂に登る。水晶山(667.9m)の石標があり、ここから甑岳(1015.5m)・面白山(1264.4m)・雨呼山(905.5m)や東根市街地などが望めた。十分に休憩を楽しみ、神社裏の石段を降り神社を後にのんびりと下山でした。
駐車場所9:00~下山13:50頃・歴史を感じながらの山でした。
平成27年5月1日(金) よしはる

モンテディオが、なかなか波に乗れません。第8節から、4試合負け無しと調子を上げてきていましたが、2連敗してしまいました。頑張れ!モンテディオ

過去の通信に戻る