花笠人形印

ヤマコン通信 平成27年4月号

 山形では、菜の花、芝桜が満開になっています。果樹の花も、さくらんぼ、桃、林檎が満開です。

 山形の桜は、4月10日(金)に平年より5日早く開花して、翌週に満開になりました。その週末にはやまがた舞子さんが参加するイベントなどが催されて盛況だったようです。多くの方に玉こんにゃくも一緒に楽しんでいただきました。

 残念なことに、4月13日に蔵王山に火口周辺警報(火口周辺危険)が発表されました。
 火口(御釜)の周囲1.2kmの立ち入りが規制されています。蔵王温泉や蔵王スキー場は立ち入り規制区域には入っていないので大丈夫なのですが、宿泊予約のキャンセルなども多くなっているようです。
 御釜を見ることができないのは残念なのですが、蔵王は避暑地としても最高ですし、温泉も最高です。 ぜひ、お越しください。

 山形では、桜の花が開花する前日に朝の最低気温が氷点下になりました。その前後の日も最低気温が低くて、園地によっては90%以上の開花直前のさくらんぼの花のめしべが霜の被害にあったということです。(めしべがダメになってしまっても花は咲くので、遠目にはわかりませんが…。)
 さくらんぼは開花した花の2%に実が付くと豊作ということですが、今年の花の被害の状況では、作柄がかなり心配な状況です。

 桜の開花にあわせて5月15日まで、玉こんにゃく全品10%引きのお花見セールを開催中です。ぜひ、ご来店ください。

山・烏帽子山ある記
 福島県喜多方市と山形県米沢市・飯豊町の境に栂峰(1541m)がある。栂峰から北側(飯豊町)方向の尾根に烏帽子山(1197m)と呼ぶ山があります。烏帽子山は積雪期(2月下旬~4月上旬)に登山が良いだろうと聞いています。今回は源流の森センターの企画に参加です。
 飯豊町小屋地区の駐車場所から少し歩き尾根筋を烏帽子山に登るコースでした。カンジキを履き尾根筋の雪庇を見ながらブナ大木の間をゆっくりと登る。天気が良く休憩中に展望できるブナ大木と朝日連峰がとても絵になります。烏帽子山山頂は近く見えるのですがなかなか届かない。山頂付近で見る飯豊本山はとても迫力があり綺麗な姿をしていました。山頂から栂峰は近いのですがここで休憩(昼食)を済ます。飯豊連峰・月山・鳥海山・蔵王連峰・吾妻連峰が望むことができた。下山途中でブナ大木から小鳥の鳴き声で見上げたり、雪庇の高さに驚いたりと楽しい日を過ごしたのでした。
飯豊町源流の森インタープリティション協会企画・烏帽子山春山トレッキング参加者11名(自称晴女5名)・講師、伊藤氏・集合場所:飯豊白川荘8時30分~解散16時
平成27年4月4日(土) よしはる

山形県の山に、「烏帽子山」を追加いたしました。

 文化財に油のような液体がかけられる被害が全国各地で発生していましたが、山形県鶴岡市の善宝寺、出羽三山神社の五重の塔(国宝)、天童市の若松寺でも被害が発生してしまいました。また、山寺でも被害がありました。とても、残念です。

過去の通信に戻る