花笠人形印

ヤマコン通信 平成27年2月号

 山形では、田んぼや畑など冬には人が入らないところ以外はほとんど雪が解けました。

 山形市では今年は昨年よりも雪が降ったような印象ですが、2月の後半の気温が高く雪はほとんど消えてしまいました。ただ、スーパーなどの駐車場の端には除雪された黒い雪が高く積み上げられています。
 山形県内は今年も降雪量が多く、雪が一度に大量に降り積雪が増えて雪崩が起きて、あちこちで道路の通行止めや通行規制がおこなわれたり、鉄道が運休になったりしてしまいました。
 また、空き家や車庫が倒壊したり、空き家の屋根から落ちた雪が道路を塞いだりする事故もありました。全国的に空き家の問題が起きていますが、雪国の空き家はかなり危険です。

 日本穀物検定協会による2014年産米の食味ランキングで、山形県産の「はえぬき」「コシヒカリ」「つや姫」「ひとめぼれ」の4品種が最高評価の特Aとなりました。特A受賞は「つや姫」がデビューから5年連続、「はえぬき」が21年連続となりました。また、島根県で栽培されたつや姫も特Aとなりました。  http://www.kokken.or.jp/data/ranking_tokua.pdf

 今年の山形での桜の開花予想はほぼ平年(4月15日)並みとなっています。ヤマコン食品では、3月15日から5月15日まで玉こんにゃく全品10%引きの春の行楽フェアを行います。ぜひ、ご来店いただけますようお願いいたします。

山・蔵王中央高原ある記
 積雪期の中央高原をのんびりと山スキーで散策です。蔵王中央ロープウェイで鳥兜駅から鳥兜山山頂(1387m)~紅葉峠~片貝沼周辺でシールを着けるブナ林の霧氷を楽しみながら目玉沼を歩きうつぼ沼へと行く。ここから積雪期だから登れる尾根筋を五郎岳(1413m)に登ると五郎岳標柱の上が出ている山頂に着く。三宝荒神山(1703m)は霧の中、雁戸山(1485m)と瀧山(1362m)は望めた。山頂から中央ゲレンデ方面にスキーにシールを着けたままゆっくりと下山です。中央第一リフトに乗り鳥兜山頂駅の食事処で昼食でした。この時期は積雪で雑木が埋もれブナ林の中を自由に進むことが出来るのが嬉しいのです。(霧氷は前夜の天候次第) ブナ林・ダケカンバ・アオモリトドマツなどに付着した霧氷がキラキラしていた。ウサギ・テン・カモシカの足跡があった。(中央高原霧氷原探索コース・カンジキトレッキングの下見を兼ねて散策)
鳥兜山頂9:50~紅葉峠~片貝沼~目玉沼~うつぼ沼~五郎岳~中央第一リフト~鳥兜山頂駅13:55…うつぼ沼の由来はうつぼ瓦からと聞いている
平成27年2月23日(月) よしはる

 J1が3月7日に開幕します。見事にJ1に返り咲いたモンテディオ山形は、ベガルタ仙台と敵地仙台での初戦になります。
 入れ替え戦に出場できるギリギリの6位だったモンテディオにとっては、全チームが格上のチームということで厳しい戦いが続くと思いますが、頑張ってもらいたいと思います。

過去の通信に戻る