花笠人形印

ヤマコン通信 平成25年10月号

 山形では、山の中腹まで紅葉が降りてきました。山寺では見頃になっています。

 17日に、月山で平年より1日、昨年より7日早く、大朝日岳で平年より5日、昨年より7日早く初冠雪が観測されました。
 山寺でも紅葉が始まりました。残念ながら、50年に一度の薬師如来像の御開帳は終わってしまいましたが、紅葉の山寺はとても綺麗です。ぜひ、山寺を訪れていただき、玉こんにゃくを食べながら、楽しんでいただきたいと思います。

 山形の名産品であるラ・フランスの出荷が始まりました。ラ・フランスは、収穫直後は硬くて食べることができません。収穫してから2~3週間「追熟(ついじゅく)」することで、食べ頃となります。そのため、10月中はラ・フランスが品薄のため高値が付きますが、「早もぎ・早出し」による不良果実も少なからずあったようでした。そこで、おいしいラ・フランスを出荷するために、今年からラ・フランスの「統一販売開始基準日」が設定され、追熟を促進するエチレンを使用したものが25日から、一般の予冷品が30日からの出荷となりました。
 台風26号の強風による落下被害も一部にあったようですが、大きな被害ではなかったようです。山形産の美味しいラ・フランスをお楽しみください。

 ただ今、「秋の行楽セール」開催中で、玉こんにゃく全品10%引きです。(11月15日まで)
 ご来店いただけますようお願いいたします。

 山・五郎岳ある記
 蔵王といえば温泉・蔵王山(熊野岳1841m・刈田岳1758m)・お釜・樹氷・スキー場などが思い浮かんで来ることでしょう。その中に春夏秋冬を気軽に楽しめる中央高原があり、時期により装備(服装等)が必要ですが色々な散策が出来ます。
 五郎岳(1413m)は中央ロープウェイ鳥兜駅から鳥兜山(1387m)展望所・紅葉峠・片貝沼で三宝荒神山(1703m)を眺め・目玉沼・ブナ林と散策して五郎岳に登り展望を楽しむ。中央ゲレンデ散策路をドッコ沼へと歩き分岐から不動滝へと下る。途中のブナ平でブナや澤ぐるみ大木周辺の紅葉を見ながら歩き、滝近くの急な階段をゆっくりと下り不動明王に参拝して不動滝で記念撮影をする。階段をゆっくりと登りブナ平からドッコ沼へと戻る。撮影会なのかカメラ片手に大勢の方が沼周辺の紅葉風景を撮影していた。ドッコ沼から中央ゲレンデ散策路を鳥兜駅に登りロープウェイで下山です。(不動滝は冬期閉鎖)
 蔵王中央高原錦秋トレッキング・鈴岡県と群馬県からの御夫妻様案内
 蔵王温泉観光協会内蔵王トレッキング係
平成25年10月18日(金) よしはる

今月は山形県の山に、「五郎岳」を追加いたしました。

 10月も観測史上最高という言葉が聞かれました。ひとつは、10月としては観測史上1番の暑さ、ひとつは台風26号による観測史上1番の大雨でした。大雨では、各地で深刻な被害が発生してしまいました。これも、地球温暖化によるものでしょうか?
 山形県では、温暖化のために近年さくらんぼやりんごの色付きが悪くなってきているようで、温暖化対策として、日本海に浮かぶ飛島で、スダチやユズ、レモンなどかんきつ類の試験栽培を行っていて、今年スダチが初めて収穫されました。
 何十年後かには、山形がみかんの産地になってしまうのでしょうか?

過去の通信に戻る