花笠人形印

ヤマコン通信 平成24年12月号

 山形では、月山や朝日連峰などの山々が真っ白になりました。

 今年は寒い冬になっていて、連日もっとも寒い時期の最低気温を下回る最低気温になっています。山形市の雪はそんなに多くはありませんが、県内の雪が多いところでは既に1mを超える積雪になっています。昨年度は、記録的な大雪でしたが、今年はいつもぐらいの雪におさまってくれればと思います。
 蔵王スキー場も、ほぼ全山滑走可能となっています。今年も是非蔵王に遊びに来てください。

 ノロウィルスが猛威を振るっています。ノロウィルスに限らず、ウィルス感染の予防は、「食事は加熱したものを食べる。」「食事の前に手を洗う。」など口からウィルスが入らないようにすることが大事なようです。
 ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤はなく治療は対症療法が主になるようで、体力の無いお年寄りなどが犠牲になっています。また、高病原性鳥インフルエンザウィルスなど怖いウィルスもあります。昔から、言われている「外から帰ったらうがい、手洗い」で、元気に冬を乗り切りましょう。

山・笹谷峠ある記
 蔵王連峰北蔵王の一翼に笹谷峠(906m)八丁平があり、有耶無耶ノ関跡や六地藏・仙人大権現・馬頭観世音など石碑や石仏があり、尼寺跡(山形側)・東国山仙住寺跡(宮城側)があります。
八丁平の六地蔵
 東国山仙住寺は寛永十九年伊達二代藩主忠宗公が建立したものである。別当に僧職をあて、七人扶持を送って当初から助小屋の役目を果たさせた。笹谷峠越えは四季を通じて難渋をきわめ、寺の創建以前は遭難が続出した。峠の頂上は登り口から降り口までなだらかな平原が約八丁(九百米)つづいているところから八丁平と呼ばれている。春は全山つつじが咲き誇ってその美しさは素晴らしいが、厳寒期の冬山は寒さ殊の外きびしく荒れ狂う吹雪に旅人はたびたび遭難した今に残る二百万遍供養三界万霊など多くの石碑、石仏は当時の苦難の跡を忍ばせている。六地蔵も伊達領から最上領に荷を運ぼうとした六人の人夫が荷を背負ったまま凍死したのでその霊を慰めるためと再びこの様な遭難を繰り返さないようにと道しるべとしてほぼ等間隔に建てている。ところが・・・中略・・中略・・・山形を向いて凍死したと伝えられているので、そのまま姿を現している。
 その持物、印相から衆生の苦悩を救うと言う地藏菩薩は鶏亀地藏・法印地藏・地持地藏・宝性地藏・陀羅尼地藏と見られる。これが八丁平の六地藏である。
平成十五年十一月十三日
山形市東沢       関沢区
宮城県柴田郡川崎町 笹谷区 と説明案内板あり
笹谷峠六地藏を山形県の山・笹谷峠で紹介しています。八丁平六地藏菩薩・山形から宮城方向に鶏亀地藏・法性地藏・宝性地藏・地持地藏・陀羅尼地藏そして有耶無耶の関跡付近に鶏亀地藏と七体の地藏菩薩があります。旧街道に沿ってあるので積雪期の散策として楽しみながら歩く。
平成24年12月17日(月) よしはる

 今月は山形県の山に、「笹谷峠」を追加いたしました。

 今年の漢字は、「金」となりました。金環日食、やスカイツリーの開業、ロンドンオリンピックでの金メダル獲得、山中教授がノーベル賞を受賞など数多くの「金」字塔がうち建てられた年だったことが一番の理由でしたが、政治や経済での「金」をめぐる事件、問題などの理由もあったようです。  毎年思いますが、来年こそはいい意味だけで選定される今年の漢字になればいいと思います。

 今年一年、ヤマコン食品の玉こんにゃくをご愛顧いただきましてありがとうございました。良いお年をお迎えください。

過去の通信に戻る