花笠人形印

ヤマコン通信 平成24年11月号

 山形では紅葉が終わり、高い山の木々は葉がすべて落ち、近くの山々は茶色の葉になりました。

 山形では21日に平年より3日、昨年より5日遅く初雪が降りました。今年の秋は、平年より気温が高い日が続いていて、今月末になって急に平年並みの気温になったので、いきなり寒くなったという印象です。
 蔵王スキー場のスキー場開きは12月8日の予定ですが、まだ積雪はありません。今年の冬は、平年並みの寒さの予報です。昨年のような大雪はいりませんが、適度な積雪の冬が到来すると良いのですが…。

 10月末現在でのつや姫の一等米比率は、96.4%です。今夏の猛暑にもかかわらず、今年もつや姫は高品質でした。収量も昨年の倍になりました。今年も美味しいつや姫をぜひお召し上がりください。

 一昨年から目撃が増えている熊ですが、今年も目撃情報がとても多くなっていますし、人的被害も出ています。県のホームページでも熊に関する情報があり、注意を呼びかけています。
 しかし、今年は熊のエサになるブナの実が凶作ということで、冬眠を控えて熊がエサを求めて人里に降りてくる可能性が高くなると思います。十分な注意が必要です。

山・倉手山ある記
 春は新緑と残雪模様の美しい飯豊連峰、そして晩秋は初冠雪の雄大な飯豊連峰と周辺山々の紅葉を楽しみながら登る倉手山(952.5m)は四季折々登山者が訪れます。今回は初冠雪の飯豊連峰を見に行こうと企画があり、アプルスNPO法人生涯スポーツ振興会スタッフと会員の12名です。山形出発から駐車場着で準備体操して歩き出す。登山道に入ると急な登りをゆっくりと登る。尾根筋の紅葉を楽しむ余裕が有ったのか無かったのかは定かではないのですが、話声と笑い声が時々聞こえて来ました。山頂付近の急登を滑らない様に一歩一歩登ると倉手山山頂です。飯豊連峰を背景に記念撮影をして思い思いの昼食です。憧れの飯豊連峰を眺め、飯豊縦走の話題で時間を過して、靴紐を締め直して下山開始です。急な下りをゆっくりと下山です。モミジの赤とコシアブラの黄色の葉が晩秋の光で透けて美しく輝いていました。ゆっくりゆっくりと言いながら素早く行動をしていただいた倉手山登山でした。
 何事も無く下山して飯豊梅花皮荘の風呂で汗を流して山形(アプルス)に帰る。
山形発6:50〜倉手山駐車場9:10〜倉手山山頂11:05〜(昼食)〜11:55〜駐車場13:45〜梅花皮荘(風呂)〜山形着
 国民宿舎 飯豊梅花皮荘 小国町大字小玉川564-1
 アプルス・NPO法人生涯スポーツ振興会・スタッフと会員の方々
平成24年11月4日(日) よしはる

 今月は山形県の山に、「倉手山」を追加いたしました。

 寒くなって鍋物が美味しい季節になりました。いろんな美味しそうな鍋つゆが販売されていますが、とても残念なことがあります。それは、鍋つゆの裏の材料の欄を読むと「こんにゃく」と書かれていない鍋つゆがとても多いことです。
 NHKのテレビ番組の「ためしてガッテン」でこんにゃくのいいところが紹介されました。ぜひ、こんにゃくをたくさん食べてください。

過去の通信に戻る