花笠人形印

ヤマコン通信 平成24年6月号

 山形では蔵王や雁戸山など近くの山々の雪がやっと消えました。

 9日に平年より3日、昨年より12日早く東北南部の梅雨入りが発表されました。しかし、梅雨入り後は雨らしい雨は台風4号が来た時ぐらいで、ほとんど降っていません。それどころか、湿度が高くて蒸し暑い日はほとんどなく、乾燥して爽やかな気候となっています。かといって、気温が高い日が続いているわけでもなく、6月は真夏日は1日もありませんでした。

 さくらんぼの出荷が最盛期を迎えています。心配された台風4号による被害もほとんどなく、また空梅雨のおかげで実割れの被害もほとんど無いようで、実割れで出荷できないさくらんぼを頂いて食べていた私は少し寂しい状況になっています。
 昨年は残念ながら東日本大震災の影響で、さくらんぼの時期も賑わいがいまひとつでした。今年は、ぜひ山形に来ていただけますようお願いいたします。

 今年は熊の人里での目撃がとても多く、昨年の3倍ほどになっています。
 「豪雪で雪解けが遅れて食べ物がなくて、熊が人里まで降りて来ている。」という説が有力ですが、先日射殺された熊の胃の中には食べたものが入っていたそうで、食べ物を求めて人里まで降りてきたわけでもないようです。「目撃が報道されて、みんなが関心を持っている分目撃が増えている。」「人里にはおいしいものが多いと熊が覚えてしまった。」などの説もありますが、どんな理由でも良いので、人的被害が出なければよいのですが…。

山・刈田岳ある記
 蔵王山と呼ばれ熊野岳(1840m)刈田岳(1768m)が聳え、多くの人々に親しまれています。そして刈田岳山頂には刈田嶺神社が祀られています。
 今回は刈田駐車場から登山道をライザスキー場方面に下り、最近整備された御田ノ神園地コース(木道)を散策・避難小屋〜御田の神〜周遊〜刈田駐車場に戻り、お釜リフト乗り場脇の登山道をしばらく登ると馬ノ背分岐があリ刈田岳へと歩く、御窯方面から霧が流れてくる。刈田嶺神社への途中で蔵王に旅行に来ていたお二人さんと出会い、神社に参拝です。御朱印を朱印帳に記帳していただく目的で来ましたとの事です(若いのにと感心)。
 御朱印所処とある脇に・蔵王の御釜が噴火して117年・蔵王刈田岳(1758米)熊野岳(1841米)五色岳(1674米)ノ三嶺ニ抱カレタ円形ノ火口デ釜状ナノデ御釜ト言ウ名前ガ付イテイマス・・・今迄ニ26回の噴火ヲ繰リ返シタ最近デハ明治28年2月15日ニ噴火ヲ有リマシタガ・・・と御釜の写真付きのポスターがあった。
 霧で御釜が見えないため御田ノ神湿原の散策となり、お二人さんの車で刈田駐車場に移動して、蔵王国定公園御田ノ神園地コース案内とある湿原を散策です。ミツバオウレン・ヒナザクラ・チングルマ・ミネズオウ・ワタスゲ・ミネザクラ・ハクサンチドリが咲いていた。ヒナザクラとチングルマの競い咲が楽しめた。小さな御田ノ神の祠に参拝して木道でのんびりと過ごしました。お二人さんありがとう。 御田ノ神周辺上空は晴れ・刈田岳周辺は霧の中・こんな日もあるさと言いながらの散策です 刈田岳にミネズオウ・コメバツガザクラ・イワカガミ・ミネザクラが咲いていた。
刈田駐車場9:20〜御田ノ神周遊〜お釜リフト乗り場脇登山道11:00〜刈田岳山頂11:40〜御田ノ神園地周遊〜刈田駐車場14:00
平成24年6月13日(水) よしはる

 今月は山形県の山に、「刈田岳」「蔵王 御田ノ神」を追加いたしました。

 モンテディオ山形が前半戦の時点で勝点41で首位です。5位までが勝点40なので、来年のJ1復帰が確実なわけではないのですが、とても嬉しいことです。
 後半戦も、「頑張れ!モンテディオ」

過去の通信に戻る