花笠人形印

ヤマコン通信 平成23年9月号

 山形では、稲刈りが始まりました。林檎や柿なども色付き始めて秋の景色になりつつあります。

 今年は原発事故の影響でgoogleの検索の欄に「米」と入力してスペースを入れると「米 セシウム」という候補が出てきます。googleの検索では、入力された件数が多いものが候補として出てきますので、関心の高さがわかります。事実、山形県内でも新米が出る時期なのに昨年の米がとても良く売れていました。
 山形県では231地点で米の放射性物質の検査が行われました。その結果、全地点で放射性セシウムは検出されず、9月19日から新米の出荷が解除されました。また、つや姫は県内44地点での検査が行われました。28日に結果が発表され、こちらも不検出でした。
 山形県産の米は安全ということが証明されましたので、是非山形産の米をいっぱい食べていただきたいと思います。

 ナラ枯れが別の問題を引き起こしているようです。
 最近、「カエンタケ(火炎茸)」というキノコの名前を聞くようになりました。
 カエンタケは、枯れたナラの木の根元から生えてくるキノコで、ほんの少量食べただけで死亡してしまう猛毒のキノコです。また、触れただけでも、皮膚に炎症がおきる可能性もあるそうで十分な注意が必要です。見つけたら近寄らないのが一番です。上のリンクでカエンタケを覚えてください。

 ただ今、「秋の行楽セール」開催中です。玉こんにゃく全品10%引きです。(10月30日まで)
 ご来店いただけますようお願いいたします。

山・尾幡山ある記
 飯豊町源流の森センターは冒険体験や常設プログラムなど自然を満喫出来ます。その一環として歩山クラブがあり自然を楽しんでいます。
 源流の森はセンターがある細越区と小坂区に別れています。尾幡山(646.4m)は源流の森須郷地区小坂にあり車で移動しました。小坂区に駐車場・休憩棟・ブナ創造の森・ブナ平・杉巨木の森・とんぼ池の森・瞑想の森・ふるさとの森など林道小坂線(車止あり)に沿って散策道があり尾幡山遊歩道があります。
 尾幡山全体案内板〜眺望の丘〜楮(コウゾ)の路〜狐の嫁休み(あずまや)〜狐の嫁入の路〜茶屋場(あずまや)〜貞任堀〜カラマツの路〜鼻こくりの坂〜峰っぱりの路〜尾幡山山頂・ここまでの遊歩道にあずまやが2棟あり一休みして、尾幡山の難所、鼻こくりの坂は急な鉄バシゴがあり一歩一歩登り、山頂付近の峰っぱりの路でアカシデの木肌に感心して歩き尾幡山(646.4m)に着く。蔵王・白鷹山・飯豊町方面の展望を楽しみ、同じルートで下山です。散策道にある休憩棟で昼食を済ませ、とんぼ池への小路を歩き、ブナの小路で瞑想の森を歩く。尾幡山全体案内板〜尾幡山山頂まで1時間20分位・源流の森センターから小坂区まで車で移動です。センターに戻り、歩山クラブの10月飯豊地藏岳ミニ登山の打ち合わせを済ませ解散です。
 小坂区のガイドマップは源流の森センターにあります。
平成23年9月25日(日) よしはる

 今月は山形県の山に、「葉山(長井)」「尾幡山」を追加しました。

 モンティデオが大ピンチです。残り7試合でJ1残留の15位との勝点差が9点もあります。残留を目指して頑張れ、モンティデオ!

過去の通信に戻る