花笠人形印

ヤマコン通信 平成22年7月号

 山形では、梅雨が明けて暑い日が続いています。

 山形では18日に平年より5日早く梅雨が明け、梅雨明け後は真夏日が続いています。また、異常天候早期警戒情報も発表されていて、しばらくは気温の高い日が続きそうです。
 そろそろ稲の出穂が始まりますが、この時期に高温が続くと米の品質が落ちてしまう可能性があるので、農家の方にとっては気の抜けない時期になってきました。今年は、新品種「つや姫」の本格デビューの年ですので美味しい米ができることを期待しています。http://www.tuyahime.jp/
 開花の時期が好天に恵まれ豊作が期待されたさくらんぼは、収穫時期の天候不順のために園地によってはさくらんぼの色付きが悪くて出荷できなかったりしたようでした。これからぶどうや桃など夏の果物の収穫が始まりますので、こちらも農家の方にとっては心配な状況になっています。

 今年も8月5日から7日の3日間山形花笠祭りが開催されます。この時期は「仙台の七夕祭り」「青森のねぶた祭り」「秋田の竿燈祭り」も開催されます。東北のお祭り巡はいかがでしょうか?

 ただ今、「お盆セール」を開催中です。玉こんにゃく全品が10%引きです。ぜひ、ご来店いただけますようお願いいたします。

山・鳥海山ある記
 7月19日(月)夕方鉾立山荘着、寝袋・食糧・ビールを持ち込み、素泊りです。翌日は朝5時10分頃、山荘で飲んで山行きを約束した青森の方と歩き出す。賽ノ河原でチングルマが咲き誇っていました。ここで名古屋・我孫子市の方々と6人で何となく遅れず、離れず歩き出す。強風・濃霧・時々雨の中で、御浜小屋・扇子森・御田ヶ原・七五三掛より外輪コースを選ぶ。七高山(2229.2m)に登頂、大物忌神社に参拝して新山(2236m)には強風と濃霧で行かず。千蛇谷コースを下る。七五三掛・御田ヶ原分岐より大平コースで鳥海湖・河原宿分岐・賽ノ河原に行き、鉾立駐車場に下山する。
 チョウカイフスマ・チョウカイアザミ・チングルマ・ニッコウキスゲ・イワブクロ・ヨツバシオガマ・トウゲブキ・イワギキョウ・ホソバイワベンケイ・ハクサンイチゲ・アカモノ・ハクサンフウロ・ヒナザクラ・シラネニンジン・コシジオウレン・ミツバオウレンなどの花が楽しめました。
 朝5時10分頃出〜15時20分頃着の行程でした。  強風・濃霧・時々雨の中で偶然の出会いで同行してくれた方々・ありがとう
平成22年7月20日(火) よしはる

 今月は山形県の山に、「鳥海山」を追加いたしました。

 第92回全国高校野球選手権山形大会は春の選抜大会にも出場した県立山形中央高校が初優勝を果たしました。甲子園でも頑張ってください。また、連日の真夏日の中、熱戦を繰り広げた出場55校の選手の皆さん、感動をありがとうございました。

過去の通信に戻る