花笠人形印

ヤマコン通信 平成21年1月号

 山形では、12月が暖かかったせいもあると思いますが、例年よりも雪が少ない1月になっています。

 あけましておめでとうございます。本年も、ヤマコン食品の玉こんにゃくをご愛顧頂けますようよろしくお願いいたします。

 今年のNHKの大河ドラマの主役は、山形県米沢市縁の武将「直江兼続」です。直江兼続は、兜に「愛」という文字を掲げていました。上杉家が加担した西軍が関ヶ原の戦いに敗れた後に、以前の四分の一の石高で米沢に転封された時でも、兼続は「人こそ組織の財産なり。みんな来たい者はついてこい」と言って、家臣を切り捨てることはなかったそうです。
 不況で暗いニュースばかりの今、こんなリーダーがいたらなと誰しもが思う人なのではないでしょうか?

 山形では、来年の1月からごみの有料化が始まります。そもそも今年の11月からの実施だったのですが、市民への周知が十分ではないということで延期になりました。「ごみにまでお金が掛かるの?」とため息が聞こえてきそうですし、反対の声もあるようです。
 ごみの有料化は山形市の財政問題が主でしょうが、収集したごみは焼却するだけですので、地球環境のためにごみを減らす工夫もしていかなければならないと思っています。
 「山形名物玉こんにゃく」は、ごみの少ないファストフードです。ごみは竹串だけで、竹は成長の早い植物ですので地球環境にもあまり負担が掛かりません。
 町内会などの出店には、エコな玉こんにゃくを、是非ご検討ください。

 日本テレビのズームイン!!SUPERの旅ドキッ!で、山形の玉こんにゃくが紹介され当社の玉こんにゃくの製造の様子も放映されました。
 それを記念いたしまして、「玉こんにゃく10%引きの年末年始感謝セール」を1月31日まで延長いたします。ぜひ、ご来店いただけますようお願いいたします。

山・羽黒山ある記
あけましておめでとうございます
 今年は丑年なので、羽黒山三神合祭殿(月山・湯殿山・羽黒山神社)に初詣に行きました。丑年に羽黒山神社に参拝すると良いと聞いたことがあるので家内と2人です。
 いでは文化記念館の駐車場で山行きの装備を整え、カンジキを持ち、ノンビリと歩くのです。月山・湯殿山・羽黒山とある鳥居の前で手を合わせ、羽黒山随身門をくぐると表参道の石段2446段の始まりなのですが雪に埋もれています。参拝者の足跡があり、滑って転ばないようにゆっくりとです。祓川神橋を渡り、須賀の滝に手を合わせ、爺杉(推定樹齢1000年以上)、五重塔(東北地方最古の塔)を見上げて喜び、一の坂、二の坂と急な杉古木の参道を登り、三の坂の前でカンジキを履き、右方向の南谷別院跡に行き、コーヒータイムです。芭蕉の句・有難や雪をかほらす南谷・とあるのでしょうか、南谷別院跡にカンジキの足跡が残りました。ここから裏参道まで歩き、参道を登り、羽黒山神社に。第一駐車場があり、レストハウスで昼食を済ませてから参拝です。参道を少し歩くと、手水舎があり、鳥居をくぐると、羽黒山神社三神合祭殿です。昨年の御礼と本年の御挨拶の参拝をさせていただきました。鏡池・蜂子神社・厳島神社に手を合わせ、三の坂の植山姫神社(縁結び)の微笑ましい絵馬で和み、二の坂、一の坂と下山したのでした。
 随身門くぐり、本年も健康で過ごせます様にと祈り帰途に着きました。
平成21年1月11日(日)   よしだ よしはる

 山形県の山に、「羽黒山」を追加いたしました。

 インフルエンザが全国的に猛威を振るっています。インフルエンザの特効薬を言われていたタミフルが効かないインフルエンザウィルスも発生してしまったようです。
 インフルエンザの予防には、人ごみに行かない、帰ったらうがいと手洗いをするなどが言われていますが、部屋を暖かくして湿度を高くするというのも良い方法のようです。この冬は灯油の価格も安くなっていますので、人ごみを避けて暖かくした部屋で直江兼続のドラマを見ながら過ごすというのはいかがでしょうか?

過去の通信に戻る