花笠人形印

ヤマコン通信 平成19年11月号

 山形では、街路樹の木の葉がほとんど落ちてしまいました。高い山々は雪化粧を始めています。

 21日から降り出した雪は22日の夜には積雪20cmを越え、11月としては観測史上6番目、24年ぶりの大雪となりました。突然の大雪に、雪国山形といえども準備が出来ておらず、スリップ事故などがあちこちで発生したり、タイヤ交換の自動車がガソリンスタンドなどに殺到したりと、ちょっとしたパニックでした。一方、スキー場にとっては恵みの雪で、スキー場開きを前にリフトの運転が始まったところもあります。
 その雪も市内ではすっかり消えてしまい、「あの大騒ぎは何だったの?」という感じです。

 梅雨明けが8月になってしまい心配された山形の米は、その後の天候回復のおかげもあり今年も美味しくできたようです。特に品質は一等米の比率がとても良かった昨年を上回る93.7%(10月末日現在)となりました。

 今年もヤマコン食品の玉こんにゃくをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。一年間の感謝をこめて、感謝セールを開催いたします。メール購読会員様専用パスワードを、ヤマコン通信号外でお知らせいたしますので、ご来店いただけますようお願い申し上げます。

山・笹谷峠ある記
 雪降ったぞー。11月21日〜22日の雪でタイヤ交換を急いでやりました。山形市街の雪は消えましたが、山間部の雪は消えそうにありません。
 冬期間は通行止めになる笹谷峠に、峠ゲート前に駐車(10台位可能)して、昔の面影を残す旧笹谷峠街道を賑やかに(女性4人と私)雪を踏み歩きました。
 前日の踏み跡あり、笹谷峠(906m)から南側のハマグリ山(1146.4m)へ、登山道を登り、烏帽子山でカンジキを履き、冷たい風にもめげずに歩き、途中で熊の足跡を見つけ喜び、この突然の雪で熊がパニックに陥ったのかと思いながら、ハマグリ山まで。風が冷たく寒いので峠まで下り、山工高小屋で昼食(いろいろご馳走になり)を食べ、話が尽きませんでしたが、下山。
 峠ゲート前9時20分頃出発〜ハマグリ山12時頃着〜山工高小屋1時頃着(昼食)〜峠ゲート前3時頃着解散
 この時季、雪の上に熊の足跡を見たのは初めてです。積雪50cm位
 熊もパニックったのかと思いニンマリと下山した私でした。
平成19年11月26日(月)   よしだよしはる

 ラニーニャ現象の年は暑い夏になりやすく、今年の夏は猛暑でした。一方、ラニーニャ現象の年の冬は寒気が日本列島に流れ込みやすくなるそうで、寒い冬になりやすいそうです。ただ、地球温暖化の影響で北の寒気も弱まってきている可能性が高く、もし今年の冬が暖冬だったら地球温暖化がかなり進んでいると考えられるそうです。
 実際、記録的な大雪が降ったものの11月中旬までは山形の気温は平年より高めでした。灯油がとても高いので寒い冬は困るし、暖かい冬になればなったで心配になってしまいます。

過去の通信に戻る