花笠人形印

ヤマコン通信 平成19年10月号

 山形では、山の木々に続いて街路樹も色付き始めました。例年より遅めですが、山々の初冠雪が観測され着実に冬が近づいています。

 10月の前半は、平年よりも気温の高い日が続いていましたが、後半は平年並みの気温の日が多くなりました。薄手の長袖シャツで丁度良い過ごしやすい日がなく、暑い日々から突然寒い日々がやってきたような感じでした。
 紅葉の進み具合も果物などの出荷の具合も、10月前半までの高温のために一週間ほど遅れているようです。

 山形周辺の里山では、カイガラムシによりナラやクリの木への被害が拡大しています。カイガラムシの被害を受けた木は、枯れたり、発芽しない実をつけたりしてしまうそうです。
 クリ園などでは農薬散布がカイガラムシの駆除に効果があるそうですが、里山に大量の農薬を散布するのは環境上の問題もあるので出来ないようで、効果的な対策はまだとられていません。

山・大岡山ある記
 大岡山(401m)は、山形市内大野目交差点から山寺街道の途中、右手方向に見える山です。周辺に花岡や豊岡など地名があります。
 農道を進み、2〜3台位駐車出来る場所に車を止め、ゆっくりと歩く、倶梨迦羅大聖不動明王のお堂が有り、周辺地元の方々から大切に守られている様子が伺えました。
 ここから登山道になります、チョット急かな!山道だからね!かな。
 山頂近くに姥神様が”よく来たな”と言いたそうな表情で待っていました。
 山頂に祠が有り、三角点があり、創立百周年記念植樹・山形市立楯山小学校・平成十二年五月十日・の標識がありました。記念植樹は桜の木かな。
 木立ちの間から市街地が展望出来ます。コーヒーを飲みながら、ノンビリと風景を楽しみ下山しました。
 山頂まで約1時間位  天気が良いので大岡山あるきを試みました。
平成19年10月17日(木)   よしだよしはる

山形県の山に、「鉤掛森」を追加いたしました。

ヒーターが必要な時期になりましたが、相変わらずの原油高で灯油の値上がりもありそうです。いろんなものの価格も上がり始めていますし、いろんな意味で寒い冬になってしまいそうです。

過去の通信に戻る