花笠人形印

ヤマコン通信 平成19年8月号

 山形では、朝晩はだいぶ涼しくなり過ごし易い日が多くなってきましたが、まだまだ日中は残暑の厳しい日が続いています。

 東北南部は、平年より9日遅い8月1日に梅雨明けとなりました。これで、3年連続で梅雨明けが8月になりました。
 ただ梅雨明け後は、とても暑い日が続き、7月の日照不足と低温による農作物への影響は解消されたのではないでしょうか。

 今年で19回目になる「日本一の芋煮会フェスティバル」の準備が着々と進められています。今年は、9月2日に開催されます。
 「地産地消」ということで砂糖以外は山形産の芋煮です。ぜひ食べにいらしてください。詳しくは、ホームページhttp://www.y-yeg.jp/imoni/をご覧ください。事務局日記も楽しいですよ。

山・瀧山ある記
 山形市内より南方面に見える山で、山桜の咲く時季は美しい所です。西蔵王放牧場があり、今も牛がノンビリと牧草を食べながらゴロッとしています。もうすぐ各農家へ帰るそうです。
 放牧場前の駐車場から、のんびりと放牧場の中を通り、杉の木に囲まれたうがい場から登る姥神コースです。登山道は歩きやすいが、少しずつ登りがきつくなります。途中で姥神様が迎えてくれます。足元に注意をしながら登る、岩場・木の根に注意しながらゆっくりと歩く。山頂に瀧山神社があり、ここで昼食をしながら展望を楽しむ。山形市・蔵王温泉・蔵王・月山・朝日連峰・飯豊連峰・白鷹山・雁戸山などが望める。
 駐車場からゆっくり歩いて山頂まで約2時間30分位 下り約1時間30分位  瀧山(標高1362.1m)

咲いてた花  ニシキラン・ホツツジ・オクモミジハグマ・アキノキリンソウ・ウメバチソウ・キバナノカワラマツバ・オオカニコウモリ・ツリフネソウ・トモエシオガマ・エゾシオガマなど

 この日は朝方に雷雨がありちょっと心配した山行きでしたが、なんとなく秋の気配が感じられました。
平成19年8月28日(火)   よしだよしはる

 今年から、最高気温が35℃以上の日を猛暑日と呼ぶようになりましたが、それに併せたかのようにとても暑い夏で猛暑日連発で弱らせられた上に残念な夏でした。
 1933年7月25日に観測され、山形市が74年間守り続けていた最高気温の記録40.8℃が、8月16日に更新されてしまいました。今までは暑い日がある度に、山形が最高気温を記録した土地として思い出されてきましたが、これからは山形の名が出てこないのはとても寂しいです。(でも、再逆転するような気温は体験したくはありませんけど…。)

過去の通信に戻る