花笠人形印

ヤマコン通信 平成19年4月号

 山形では、13日に平年より4日、昨年より5日早く桜が開花しました。市内の桜はほとんど散ってしまいましたが、桃やさくらんぼの花が咲き出しました。

 この時期になると、「西蔵王 大山桜」で検索して弊社のホームページを訪れる方が多くなります。
 今年の「西蔵王 大山桜」は、4月中旬の低温の影響で平年より開花が遅くなるようです。5月1日に大山桜までの看板が設置されて、満開はゴールデンウィークの後半になるということでした。天候が良ければ、満開になってから1週間ほど楽しめます。
 西蔵王にある三百坊さんのホームページhttp://homepage3.nifty.com/300bou/で現在の大山桜の様子を見ることができます。お出かけ前にチェックしてはいかがでしょうか?

 桜前線が日本の最北端に達するまでのお花見セールを開催中です。
 現在、桜前線は津軽海峡付近にあるようです。北海道の稚内での桜の開花の予想が5月15日ですから、セールは残りあと3週間ほどになります。ぜひ、ご来店いただけますようお願いいたします。

山・山形神室ある記
 山形神室(標高1344m)は山形市内より東に望める山、右に雁戸山(標高1485m)左に山形神室があります。この日は山吉・葉山の登山予定でしたが、山形神室に連れて行ってとの事(女性2人)、頼まれるとすぐその気になる私がいます。
 笹谷街道の車止めに駐車して、準備を整え歩き始めたのが9時頃、
駐車場〜笹谷峠(標高908m)〜ハマグリ山(標高1146m)〜トンガリ山(標高1241m)〜山形神室(標高1344m)
山頂に11時40分頃、まだまだ雪がありましたがつぼ足で歩けました。はずむ話で昼食を楽しみ、帰途は滑る様に残雪を楽しみ、惜しみながら下山でした。
 少し前は娘さんと言われた時もありました、頼もしい2人さんの印象です。
 天気が良く、飯豊連峰・朝日連峰・月山・葉山・鳥海山・蔵王と望むことが出来、なんとも贅沢な日でした。
駐車場2時30分頃着
平成19年4月12日(木)    よしだよしはる

 オレンジジュースが値上がりするというニュースを見ました。原因はバイオ燃料の原料を作るためにオレンジ畑が少なくなっているということでした。
 アメリカでは、とうもろこしが豊作にもかかわらずバイオ燃料の原料になるということで高値で取引されています。多くの食料を輸入に頼っている日本は大丈夫でしょうか?
 また、バイオ燃料の原料を栽培するためにアマゾン川の流域を開墾しているそうですが、はたして樹木を切り倒して造られた燃料を使うことで二酸化炭素の削減に効果があるのでしょうか?

過去の通信に戻る