花笠人形印

ヤマコン通信 平成19年3月号

 山形では、草花の芽が出始めました。近くの山々の雪もほとんど消えて、本格的な春がもうすぐそこまで来ています。

 3月28日に発表された山形での桜の開花予報は平年より5日早い4月12日ですが、市内にはすでに開花している桜もあるようです。
 そこで、ただ今「お花見セール」開催中です。日本の桜が咲き終わるまで、玉こんにゃくが全品10%引きになっておりますので、ぜひご来店いただけますようお願い申し上げます。

 暖冬のせいで、果物の花芽が早く活動を始めてしまい、遅霜の被害が懸念されていました。しかし、3月中旬の低温のおかげで花芽の活動は例年並みに戻ったようです。今年も、美味しい果物が期待できると思います。

山・湯殿山ある記
 湯殿山は、月山に登山するごと横目に眺めてた山でした。積雪時期のみ登る事が出来る山と言われてます。酒田の斎藤氏を誘い、志津の駐車場で9時の待ち合わせ。なんと、西川町山岳会の方々が山スキーで登るとのこと、カンジキでは時間がかかると言われ、ブナ林の途切れる所まで歩きました。
 風景を楽しみながら、カワクルミ沼周辺のサワクルミの巨木で喜び、ブス沼周辺のブナの大木に感動し、ウサギの跳ね回った足跡に見とれ、ノンビリと昼食をして、山頂は日を改めようと言いながら駐車場に、そして帰宅
  湯殿山(標高1500m)・ブス沼周辺(標高1100m)
 この日、逢えた方々・遠藤さん・長岡先生・白田さん・西川町山岳会のメンバー方、いろいろな話、ありがとうございます。
平成19年3月24日(土)    よしだよしはる

 一昨年の夏、「発掘!あるある大事典」で「寒天で本当にやせるのか!?」という放送があり、その中にもデータの捏造があったということでした。
 ダイエットのためには「カロリー制限と有酸素運動」が効果的だそうで、食べるだけで痩せるというのはかなり無理がありそうです。
 ただ、寒天が役に立たない食品なのかというとそうではなく、寒天の粉は漢方薬にもなっています。その主成分はアガロース、アガロペクチンなどの多糖類で、消化吸収しにくく、低カロリーで、主に便秘の薬として使われているようです。
 また、ところてんは夏の暑い時にとても美味しいです。何かを食べ続けて痩せるのではなく、色んな物を丁度良く食べて、運動して痩せなくてはと思いました。

過去の通信に戻る