花笠人形印

ヤマコン通信 平成18年9月号

 山形では、稲刈りが始まりました。また、りんごや柿も色付き始め、収穫の秋がやってきました。

 9月中の週末は、ずっと天気が良く芋煮会日和で馬見ヶ崎河原はとても賑わっていました。この時期は、山形の観光地の食堂では芋煮が出されますし、スーパーなどではかまどや鍋の貸し出しもしています。手ぶらでも芋煮を楽しめますので、ぜひ山形に遊びにいらしてください。

 稲刈りが始まり、新米が店頭に並び始めました。作柄は、全国的には3年ぶりの不作のようですが、山形の作柄はほぼ平年並みのようです。梅雨が長引いて心配されましたが、梅雨明け後の好天により持ち直したようです。
 山形の米「はえぬき」は、日本穀物検定協会の食味ランキングで、昨年まで11年連続で最高の特A評価を獲得しています。今年も、おいしい米を期待したいと思います。

 只今、「秋の行楽フェア」開催中です。10月30日まで玉こんにゃくを10%引きでサービス中です。ぜひ、ご来店いただけますようお願いいたします。

 次回の「山形県の山」では、経ヶ蔵山をご紹介します。どうぞ、お楽しみに。

 一昨年、昨年と2年続けて、紅葉はあまり綺麗ではありませんでした。今年の紅葉は、梅雨の期間が長引いたものの、梅雨明け後の天候が順調だったことと台風の影響が山形では少なかったことから、個人的には期待しています。
 ただ、「山形県の山」を撮影していただいている吉田さんによりますと、「これからの冷え込みによる。」ということです。ホームページで、吉田さんによる情報をお知らせいたしますので、お楽しみにしてください。

過去の通信に戻る