花笠人形印

ヤマコン通信 平成18年6月号

 山形では、平年より1日早く6月9日に梅雨入りしたと発表されましたが、比較的良い天気の日が多いようでした。

 春の開花の時期の天候が良かったため、果物の実の付きが良過ぎました。いろんな果物が、まさに鈴生りの状態です。
 今が旬のさくらんぼも実が付き過ぎて、農家の方は収穫直前まで摘果に追われていました。消費者の私たちにしてみれば、さくらんぼは高価なので「いっぱいなったほうが安くなって良いのに…。」と思うのですが、さくらんぼ農家の方の話では、「実が付き過ぎると実は大きくならないし、太陽の光が良く当たらない実は色も付かない。」ということでした。ですから、さくらんぼは豊作ではあるのですが、美味しいものは例年と同じような価格になっています。
 佐藤錦は、この週末ぐらいまでがおいしい期間なのですが、その後に出てくる品種もありますので「さくらんぼ狩り」など楽しんでみてはいかがでしょうか?

 山形でも、30℃近くまで気温が上がる日が増えてきました。暑くなると冷たい麺でサッパリとなんて思うのですが、山形では他県の方より一品多い選択肢があります。山形発祥の「冷たいラーメン」です。
 ヤマコン食品のホームページでも、城北麺工さんの「冷たいラーメン」の取り扱いを始めました。そのほか、夏の漬物の代表の「なす漬」、山形出身の方には懐かしい「えご」なども取り揃えております。ぜひ、ご来店いただけますようお願い申し上げます。

 しばらく更新できなかった山形県の山に、「胎蔵山」と「姥ヶ岳」を追加いたしました。

 梅雨末期の豪雨で大きな被害が出ている地域もありますが、山形でも梅雨に入っても雨が少なく、梅雨末期の豪雨が心配されます。

過去の通信に戻る