花笠人形印

ヤマコン通信 平成17年11月号

 山形では、11月19日に平年より3日遅く初雪が降りました。しかし、その後は寒くない日が続いていて、初雪の遅さの新記録だった昨年と変わらないような天気になっています。

 山形の冬を代表する味覚青菜漬けの季節がやってきました。でも、「今年の青菜は、ちょっと硬いね。」なんて会話もちらほら聞かれます。(私は青菜の根元の硬いところが好きなので、そのほうが良いのですが・・・。)
 その原因は秋の天気が良すぎた事にあるようです。天気の良い日が続いたため、青菜の生育が良く、少し硬くなってしまったようです。青菜だけが生育が良かったわけではなく、秋物の野菜は全般的に安くなっているようです。消費者としては大歓迎なのですが、農家の方の「種代にもなんね。」という嘆きが聞こえてきそうです。

 12月3日に蔵王スキー場のスキー場開きが行われます。ただ、ユートピア、パラダイス、中央の各ゲレンデはに30cmほどの積雪があり滑走が可能で、すでに初滑りを楽しんだ方も大勢いらっしゃるようです。昨年は雪の無いスキー場開きだったので、今年は一安心です。
 ただ、11月になってからも気温の高い日が多いので今後の雪不足などが心配されます。

 先月のヤマコン通信で「今年の紅葉は期待できる。」と書いてしまいましたが、結果は今年の紅葉もあまり綺麗ではありませんでした。
 山形周辺では台風の影響をほとんど受けなかったので、期待できるはずだったのですが、やはり気温の高さが災いしたようです。一昨年、昨年そして今年と芳しくない状態が続いて、本当に残念でした。

過去の通信に戻る