花笠人形印

ヤマコン通信 平成17年2月号

 山形では、寒い日が続いています。寒い日ばかりで雪がなかなか融けないでたくさん残っています。

 山形では1月17日に1日で50cmを超える積雪がありました。その後も、冬らしい日が続き雪の多い日が続きました。10年ぶりの大雪だった昨年の同じ時期よりも、雪が残っています。

 そんな中で、春らしい話題もあります。
 山形県の庄内地方の羽黒高校が春の選抜に出場することになりました。羽黒高校は選抜初出場ですが、県勢としては昨年の東海大山形に続いて2年連続の出場となります。
 夏の全国高校野球大会で、北海道・東北勢で始めて優勝した駒大苫小牧のように羽黒高校の活躍を期待します。

 昨年に引き続き大雪で『山形県の山』を休ませていただいておりましたが、新しく『五郎岳』を追加いたしました。また、まもなく『文殊山』も追加いたしますので、ぜひご覧ください。

 スマトラ沖地震による津波では動物の犠牲がほとんど無かったという話を聞きました。真偽の程はよく分かりませんが、動物には異変を察知する能力があるのでしょうか?
 しかし、山形のカマキリは2年連続で低いところに卵を産んでしまいました。山形のカマキリは大丈夫なのでしょうか?

過去の通信に戻る