花笠人形印

ヤマコン通信 平成16年11月号

 山形では、11月の末とは思えないほど穏やかな日が続いています。周りを見渡すと山の木々の葉もすっかり落ちて、初冬の景色が広がっているのですが、寒くありません。

 今年の山形は寒くありません。暮らしには快適なのですが、困ったことがあります。
 「富士りんご」の蜜の入りが良くないらしいのです。りんごを収穫するときに手が冷たくなるぐらい寒くならないといけないようです。ただ、蜜の入りはよくないようですが、りんごはいつもの年より甘いような気がします。(これは個人的な感想です。)
 記録的な台風上陸や、寒くない初冬など、天候が不順な年で、農家の方も大変な年でした。

 あのシャキシャキしてすごく美味しい青菜の季節がやってきました。青菜の播種時期の天候があまり良くなかったので、出始めの青菜は少々高めでしたが最盛期の今は、昨年並みの値段になっています。

 12月になるとすぐに、蔵王スキー場のスキー場開きが行われます。この分だと、今年も雪のないスキー場開きになってしまいそうです。
 昨年は、年明けまで雪がほとんどなく、1月の末に大雪が降りましたが、今年はどんな冬になるのでしょうか?昨年に引き続き、カマキリの卵が低いところに産み付けられているようです。ただ、昨年は1月の末に大雪が降りましたから、カマキリの卵もあまり当てにはならないようです。

 12月の『山形周辺の山』では、『湯ノ沢岳』をご紹介する予定です。どうぞ、お楽しみに!

 J1昇格入れ替え戦への出場権を掛けて、アビスパ福岡と戦ったモンテディオ山形は残念ながら負けてしまいました。モンテディオ山形の今季成績は、19勝14分11敗で4位でした。来年こそは、J1目指して頑張って欲しいと思います。
 「パイオニアレッドウィングス」は現在1位と好調です。しかも、プリンセスメグこと栗原恵さんが来ることになりました。Vリーグの規定で今シーズンは試合には出られないようですが、来シーズンの活躍が楽しみです。
 「東北楽天ゴールデンイーグルス」の2軍の山形県への誘致も提案されているようで、山形は来年もスポーツで盛り上がれそうです。

過去の通信に戻る