花笠人形印

ヤマコン通信 平成16年5月号

 山形では、蔵王や月山などの高い山以外は雪もすっかり消えて、山々は柔らかい新芽の緑に覆われています。田植えはほとんど終わりましたが、農家の方は休むまもなくさくらんぼの世話が待っています。

 山形では被害は出なかったようですが、季節はずれの台風2号には驚きました。「台風は太平洋高気圧の外側を移動する」というようなことを聞いたことがあります。今の時期に日本列島に台風が来るということは今年の太平洋高気圧は勢力が強いのでしょうか。もしそうなれば今年の夏は暑くなりますね。昨年の夏が寒かっただけに期待したいです。

 山菜の時期です。最近はスーパーの店先にいろんな山菜が並ぶようになりましたので手軽に楽しむことができますが、汗をかきながら取ってきた山菜は一味違います。山形の周辺には自然がたっぷり残っていますから、いろんな山菜が楽しめます。
 http://www.yamagata.nmai.org/kyodo-haru/kyodo.htmlで山菜の料理が紹介されています。

 6月の『山形周辺の山』では、最上地方の『八森山』と『神室山』をご紹介いたします。どうぞ、お楽しみに!

 大手チェーン店の牛丼販売が中止されたこともあって、米の消費量がかなり落ち込んでいるようです。米処に住む者としては、とても残念に感じられます。個人的には、パンはおやつというイメージが強くて、やっぱり朝はご飯を食べないと昼までもたないのですが・・・。

過去の通信に戻る