花笠人形印

ヤマコン通信 平成15年11月号

 山形では11月23日に初雪が降りました。例年より、7日遅くなっています。いつもの年ですと、寒い雨の日の夕方頃に霙(ミゾレ)混じりの初雪という印象なのですが、今年は夜間に降ったようで初雪は見れませんでした。あちこちで、「青菜漬けだが?」の言葉が交わされ、いよいよ冬支度が本格的になってきました。

 山形では、今年の秋は天気の良い日が続きました。おかげで、山形での冬には欠かせない青菜などの野菜が順調に育ち、かなりお得な価格で販売されています。消費者にとっては嬉しい事なのですが、農家の方にとっては安すぎて嬉しさも半分のようです。米が不作だったので、野菜の価格の下落は頭の痛いところでしょう。

 果物のほうも出来が良いようです。リンゴもラ・フランスも豊作です。ただ、ラ・フランスは夏場に雨の日が多かったせいで「水腐れ」という症状が起きているようです。ラ・フランスが「水腐れ」になると、見た目は正常なのですがとても柔らかくてグチャッとしてしまいます。ラ・フランスは、収穫してから2週間ほど冷蔵庫の中で追熟してから出荷されます。「水腐れ」のラ・フランスも収穫するときには硬くて、正常なものと区別がつかないので農家の方も苦労しているようです。

 12月になるとすぐに蔵王のスキー場開きが行われます。残念ながら、まだ蔵王のほうにも雪は積もっていません。長期予報も出されましたが、今年の冬は雪が少ないようです。カマキリの卵が低い所に産み付けられていますから少雪は間違いないような感じです。

 12月の『山形周辺の山』では、『頭殿山』をご紹介する予定です。どうぞ、お楽しみに!

 残念ながら、山形のサッカーチーム「モンテディオ山形」は8位に終わってしまいました。来年はJ1入り目指して頑張って欲しいと思います。

過去の通信に戻る