花笠人形印

ヤマコン通信 平成15年2月号

 山形市周辺では、1月の始めと終わりに大雪が降りましたが、2月は穏やかな日が多く、雪もほとんど消え、大雪の名残は駐車場の片隅に積み上げられた雪だけになりました。

 農家の方々は雪も消えて、果樹の剪定作業が忙しそうです。昨年は、無登録農薬の問題や、ラ・フランスの収穫時期の台風など、果樹王国山形にとっては辛い1年となりました。今年は、安全で美味しい山形の果物がたくさん取れることを願います。

 3月のお彼岸には仏壇に何をお供えしますか。郷土料理は各地に特有のものがあります。山形ではえごとくるみとうふが欠かせません。えごとくるみとうふは食べても美味しく、仏事だけではなく祝い事にも使われますし、日常の食事やおやつでも食べられています。ヤマコン食品のホームページの『製造部』でご紹介しておりますし、『営業部』−『お買物』で販売しております。ぜひ、お試しください。

 3月の『山形周辺の山』では、「盃山」をご紹介いたします。

 春と聞いて、私が一番先に考えるのはスギ花粉です。山形の今年のスギ花粉は平年並みということですが、平年並みでも十分辛いです。今の若い人たちの約9割が何らかのアレルギーを持っているという調査もありました。日本人を蝕むアレルギーは何が原因なのでしょうか。

過去の通信に戻る