花笠人形印

ヤマコン通信 平成13年12月号

 21世紀の始まりの年、2001年も、もう少しで終わりを迎えようとしています。今年は暗いニュースが多い年でしたが、来年はぜひ良い年になるように期待したいものです。
 山形はすっかり冬景色となりました。県内のある地方では、積雪が1mを超えているところもあります。今年は、冬の訪れが少し早いようです。

 山形地方の冬の味覚で忘れてはいけないものに、「青菜漬け」があります。青菜とは、正式には山形青菜と言い、高菜と同じアブラナ科の野菜です。青菜は、肉厚の葉のシャキシャキとした歯ごたえとほのかな辛味がおいしい漬物専用の野菜です。漬け込んで日が浅いうちは青くてシャキシャキとしたところを楽しみ、時間がたってべっこう色になったのもまたおいしく食べられます。また、青菜漬けを塩抜きして細かく刻み、油で軽くいためてから煮た「くきな煮」も格別です。「青菜漬け」は、山形の冬の食卓には無くてはならない漬物ですので、基本は塩漬けですが、漬け込み方も家庭によって千差万別です。

 「青菜漬け」は、もう全国的に知られ始めましたので、今回は「青菜の畑」を、『風景』−『名所・旧跡』で紹介しています。青菜の種子は、品種改良した特性を保持するために、他との交雑を避けるために、庄内の沖の飛島の専用の畑で作られるということです。

 ヤマコン食品のホームページが誕生してから、早一年が過ぎました。情報の充実を目指して努力してまいりますので、来年もよろしくお願いいたします。
 では、良いお年をお迎えください。

過去の通信に戻る