花笠人形印

ヤマコン通信 平成29年10月号

 山形では、街路樹が色付き始め、山寺の紅葉も見頃を迎えています。

 山形での各山の初冠雪は月山で2週間ほど早かったものの、ほぼ平年並みの観測となりました。
 ただ、平年に比べて最低気温が高い日が多くて、初霜と初氷はまだ観測されていません。東北の今年の冬の気温は平年並または高い確率が40%となっています。平年並みの冬になればいいと思います。

 一昨年、昨年に引き続き、今年も台風が日本各地に大きな被害をもたらしました。特に台風21号は海水温が高かった影響で超大型で強い勢力のままでの上陸となりました。山形ではりんごなどの収穫も控えていたので、農家の方も心配されたとは思いますが、幸いなことにほとんど被害がありませんでした。
 米も、作柄の発表はまだですが、農家の方の話では、「夏の天候不順の影響もほとんど無く、ほぼ平年並みの収量が期待出来る」ということでした。深刻な影響があった県もあるようで、こちらも幸いでした。
 来年本格デビューの山形県産米の新品種「雪若丸」の先行販売も大好評だったようで、今年も山形の農産物は美味しいです。

 「日本一の芋煮会フェスティバル」で、25年間使われてきた大鍋「二代目鍋太郎」が経年劣化により引退することになり、来年からは「三代目鍋太郎」になります。二代目鍋太郎が2011年11月に失った大鍋の直径日本一の座を取り返すべく三代目鍋太郎は設計されています。三代目鍋太郎の作成の費用の寄付をクラウドファンディングで募集していますので、以下のリンクをご参照ください。

 ただ今、「秋の行楽セール」開催中で、玉こんにゃく全品10%引きです。11月15日までですので、ご来店いただけますようお願いいたします。

山・南雁戸山ある記
 紅葉燃ゆ、蟻の戸渡り、雁戸山
 蔵王連峰に刈田岳(1758m)熊野岳(1841m)名号峰(1481m)南雁戸山(1486m)雁戸山(1485m)前山(1393m)カケスガ峰(1350m)と続く北蔵王縦走路がある。紅葉の季節となり晴間を見ての登山です。笹谷峠駐車場から南のカケスガ峰方向に歩くと標柱案内があり、しばらく歩くと登山を楽しんでいる4人に会う。同行を願い関山分岐、カケスガ峰分岐、新山分岐から蟻の戸渡りを登る途中は雲の中、雲はすぐ消え雁戸山頂で休憩、少し下り笹雁新道分岐から南雁戸山への急な下りで紅葉を眺め、岩場の登りを経て南雁戸山に登頂。浦和市からのお二人さん(後姿)と記念撮影後昼食(献立は内緒)を賑やかに済ます。同じ登山道を雁戸山へ、蟻の戸渡り頂で紅葉風景を楽しむ。
 カケスガ峰から八方平有耶無耶の関分岐に下り笹谷駐車場に歩く。
 山形・宮城県境にカケスガ峰、前山、蟻の戸渡り、雁戸山、南雁戸山、名号峰が連なる。
笹谷駐車場8:00~雁戸山10:25~南雁戸山11:15(食事40分程)~雁戸山13:20~カケスガ峰14:15~八方平ブナ大木15:05~笹谷峠駐車場15:45
 登山を楽しむ4人さん:"ゆっくり~ず"仙台マラソン愛好会メンバー "わすれないで~ず"と約束で写真掲載承諾・ありがとう
平成29年10月8日(日)曇のち晴 よしはる

 山形県の山に、「南雁戸山」を追加しました。

 モンテディオ山形が、リーグ戦3試合を残して今シーズンのJ1昇格のチャンスが無くなってしまいました。ただ、昨年はJ3陥落も危ぶまれるような戦いでしたが、今シーズンは後半戦で失速してしまったものの、前半戦は9試合連続で負け無し(5勝)など、とても強いモンテディオを見ることが出来ました。
 来年はJ1昇格をぜひ勝ち取ってもらいたいと思います。


 ヤマコン通信は、山形の情報やヤマコン食品のホームページの更新などを、月1回配信しているメールマガジンです。

ご意見・ご要望

があれば、ご連絡ください。

購読をご希望の場合は、

ヤマコン通信購読の申込み

にてお申込みください。

お知らせ頂いたメールアドレスは、ヤマコン通信の配信以外には使用いたしません。
過去の通信へ移動します。