花笠人形印

玉こんにゃくがある風景

ここでは、山形市及びその周辺での祭りやイベントを紹介いたします。
写真をクリックすると、別の写真もご覧いただけます。

霞城観桜会
霞城観桜会

植木市
植木市

地図の黄色の四角をクリックしてください。

ヤマコン食品の蒟蒻畑です。 毎年5月8日〜10日は、全国3大植木市にも数えられる「薬師まつり 植木市」が開かれます。この植木市は、約400年前の山形城主・最上義光公が、大火に見舞われた城下に緑をよみがえらせようと始めたとされています。 毎年8月5日から7日まで行われる、東北四大祭りの一つにも数えられるお祭りです。 毎年1月10日に開かれる、江戸時代から続く伝統行事の初市です。縁起物を求める人々で賑わいます。 毎年桜の時期にあわせて、山形市の中心部にある霞城公園で行われる「霞城観桜会」です。霞城公園には、1200本の桜があります。夜には、ライトアップも行われます。 山形自動車道寒河江S.A.のすぐ側で開催されたやまがた花咲かフェア’02(第12回全国都市緑化やまがたフェア)です。連日大勢の人手で賑わいました。 毎年9月の第1日曜日に行われます。直径6mの大鍋を使って、里芋3トン・山形牛肉1.2トン・コンニャク3500枚・ネギ3500本・水6トン・酒50升・しょう油700リットル・砂糖200キログラムの材料で、3万食の芋煮を作ります。 山形での初詣の様子です。日本各地の初詣と、ひとつだけ違う風景が見られます。 山形での梅雨の時期は、さくらんぼの時期でもあります。さくらんぼには雨よけテントがかけられていますので、雨が降っても楽しむことが出来ます。毎年多くの人で賑わいます。 10月4日〜13日に「国民文化祭・山形2003」が開催されました。期間中、県内各地で様々なイベントが行われました。