花笠人形印

社長挨拶

 当社は全国で最初に玉こんにゃくを開発したメーカーとして百年以上の実績を生かし、自然と気候に恵まれた山形市の漆山地区で、厳選した原料をたくさん使用し、じっくりと時間をかけて、おいしいこんにゃくを作り続けています。
直径6mの大鍋で3万食の芋煮を作る「日本一の芋煮会」は、山形の秋の風物詩となりました。芋煮は、山形で秋になると屋外で繰り広げられる、里芋、牛肉、こんにゃく、葱の醤油味の鍋です。使われるこんにゃくは、当社の製品です。この会場においても、珍しい丸い玉こんにゃくを全国各地からお越しのお客様に召し上がっていただいております。
一度ご賞味いただければ、その歯ごたえ、風味にご満足いただけるものと思います。