薬師まつり 植木市

毎年5月8日〜10日は、全国3大植木市にも数えられる「薬師まつり 植木市」が開かれます。
この植木市は、約400年前の山形城主・最上義光公が、大火に見舞われた城下に緑をよみがえらせようと始めたとされています。


見上げるような植木も、たくさんあります。


「あの花、いいね。」
品定めの最中です。


通りの両側には植木が、ずらりと並びます。


露店もたくさん出ています。
もちろん、玉こんにゃくも売られています。

玉こんの風景の地図に戻ります。
ブラウザの「戻る」ボタンをご使用いただくと、
地図の元の場所に戻ります。